検索
  • 辰田祐介

お盆に思う事


辰田祐介です。世間はお盆休みですね。15、16日は健康習慣ジムLIFE STORYもお休みです。私も休みを利用してご先祖さまのお墓参りに行ってきます。


そして今日は8月15日。終戦から73年。平和であることに感謝です。


本日はお盆の恒例行事について感じる事を記します。

毎年お墓参りには故人に会いにいくために必ず行っています。墓前で特に何かを考える訳でもなく、ただ故人に手を合わせて想いを寄せるだけのとても短い時間ですが大切な時間です。


20代の頃は墓前で故人にいろいろと報告をしたり、決意を新たにしたり、なんだか悶々といろいろ考えながらその時間を過ごしていました。時には自分との対話をするように自問自答しながら長い時間手を合わせていたように記憶しています。多感な時期なのかいろいろ迷いや悩みが多かったのでしょう。


ここ数年はそのようになことはなくなり純粋に手を合わせて故人の顔を思い浮かべます。それだけでなんだか気持ちが整うというか芯が暖まるというかエネルギーが漲ります。


そのような心境の変化も心理面の成長の一環であればいいですね。


最近になって人間は先人や自然や歴史から学びを得るということが少しずつ理解できているように思います。以前は頭ではそれを理解していても腹に落ちていたかというとそうではありませんでした。なかなか「自分ごと」として捉えられていなかったのだと思います。


今は大きく環境を変えた事もあり、何事も「自分ごと」として捉えてストレートに実感できるようになっていると感じます。


得た学びを実践する。そこからまた学ぶ。この繰り返しで少しずつ上澄みを厚くしていく。何よりも糧となるのはやはり経験です。これに勝るものはないですね。


住所:石川県金沢市武蔵町16-42 名鉄スカイパーキングG階レスティ

電話:076-221-0388  

© 2018 LifeStory All Rights Reserved